« 赤い満月 | トップページ | 月下美人ゴメン »

玉すだれ

Img_8625

 沖縄の梅雨は明けたと報道された日、種子島は今にも降りそうな空模様だ。そんな日の午後、リハビリの治療を終えて帰ってきたら、まるで待ち構えていたかのように陽がさしてきた。その日差しの下で玉すだれが咲いていた。

 ほんの10分ばかりのところから、車を運転してきたのだが、それだけで汗びっしょり。それでもせっかく咲いているのだからと、そのままの格好でカメラを取ってきた。

 Img_8628 急に太陽が顔を出したので、玉すだれは中途半端な半開きの状態で咲いているが、一輪だけ大きく花びらを広げていた。

 まるで「迷わずに思い切って咲けばいいのよ」と言っているかのようだ。太陽はほんの僅かの間だけ顔を見せただけで、撮り終わったころには雲に顔を隠してしまった。

 邪魔者がいない間に部屋に掃除機をかけたカミさんも汗びっしょり。二人して汗まみれのシャツを脱ぎ捨て、ほっと一息。

 何をばたばた動き回っていたのよ」というかみさんに玉すだれの写真を見せた。

 「ちょうど晴れてよかったジャン。それじゃあ一服しましょうか」

  そう言ってお茶を入れるためにお勝手に向かった 

|

« 赤い満月 | トップページ | 月下美人ゴメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 赤い満月 | トップページ | 月下美人ゴメン »