« 玉すだれ | トップページ | ピンク・バタフライ »

月下美人ゴメン

 夕方、月下美人が玄関前に2輪、ニオイバンマツリの隣で6輪、その夜に咲く状態にあるのを確認しておきながらすっかり忘れて寝てしまい、翌朝しぼんでうなだれている姿を目にして「しまった」と気がついても後の祭り。

 こんなことを今年はもう3~4回繰り返している。これまではあっちこっちに顔を向けてカメラに収めにくかったのであきらめもつくが、今回はすべてこちらを向いてくれていたので、バッチリ撮れると期待していた。それなのに失念してしまったのだ。

 「あ~あ、歳は取りたくないわねえ。月下美人さんごめんね」

 そういうカミさんだって、今夜咲くことは承知していたのだ。一言注意してくれたらよかったのにと思っても、それをいうわけにはいかない。

 前の晩には、一凛だけ切り取って神棚に飾り、芳香を楽しんだのが、せめてもの慰み。

 「9月ごろまで咲いてくれるから、次には見逃さいでね」

 カミさんに慰められたが、84歳とはいえ、なんともお粗末な話。

|

« 玉すだれ | トップページ | ピンク・バタフライ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉すだれ | トップページ | ピンク・バタフライ »