« フラワームーン | トップページ | 月下美人が10輪 »

アカプルコ

 Img_8112 外は雨、母家の縁側からガラス戸越しに庭を眺める。

 門柱の手前にカサブランカに似たピンクの花が、雨に濡れながらもシャキッと咲いている。

 午後2時過ぎ、傍らで届いたばかりの新聞に目を通しているカミさんに尋ねる。(ちなみに種子島の新聞は正午過ぎに到着すImg_8114 るフェリーに積まれて届くので、それから配達されるため、我が家に到着するのは午後2時を過ぎたころになる)

「ここから見えるピンクの花の名前はカサブランカの仲間なのかい?」

「あれはね、カサブランカと同じ百合の仲間で、アカプルコというのよ」

 Img_8117_new_new 花の名前に疎い私に対して、教師のような口調で答える。

「百合の仲間はコーンなに沢山あって、カサブランカもアカプルコもその仲間なの」

 カミさんは新聞から離れて立ち上がり、両手を広げて大きな円を作った。

 地理にも疎い私だが「アカプルコという地名をきいたような気がするんだがなあ」というと「アラ、よく気が付いたわね。原産地がメキシコ南部の太平洋岸にあるアカプルコという港湾都市なのよ」

 花と地理が得意の分野だと自認するだけあって淀みがない。

 梅雨空の下で咲く花を一緒に眺めながら、高くもない鼻をうごめかすカミさんだった。

 

|

« フラワームーン | トップページ | 月下美人が10輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フラワームーン | トップページ | 月下美人が10輪 »