« 自生トマト | トップページ | 夏だ!百日紅だ! »

猫と小鳥とひと騒動

早朝6時、ドスンとデカ猫のイークンが足元に飛び乗ってきた。

何事かと飛び起きた。カミさんもイークンの傍にいて“二人”して天井を見上げている。

「どうした、どうした」

「イークンが小鳥を掴まえてきたのよ。その小鳥は生きていて、部屋の中を飛び回っているの」

 

イークンはいきなりベッドから飛びおりて、今度は真剣な眼差しでエアコンの上を見ている。

次の瞬間、部屋の反対側の方へ飛んでいった。小鳥が飛んでいったのだろうが、電灯はついているが、うす暗くてよく見えない。

イークンはまた戻ってきて、きょろきょろ天井に目を走らせている。

 

カミさんが素早く縁側の障子を開け、ガラス戸も開けた。

突然イークンは縁側に突進した。

私としてはイークンとカミさんの動きを追って、小鳥の動きを知るしかない。

 

「あっ、外へ出た、あー、よかった。小雀だったみたい」

カミさんは飛び出すところを確認したという。

私はベッドの上で、ただ、あれよ、あれよとみているだけだった。

 

「イークン、小鳥さんを掴まえてはダメだっていつも言っているでしょ」

カミさんは叱りつけた。

イークンはちらりとカミさんの顔を見上げて、無言で立ち去った。

|

« 自生トマト | トップページ | 夏だ!百日紅だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自生トマト | トップページ | 夏だ!百日紅だ! »