« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

持ちつ持たれつ

Img_7430 朝起きたらカミさんが待ち構えていた。

「朝早くから改まった口調で『もしもし、お知らせです』なんていう電話がかかってきたのよ。何事だろうと思ったら『家の緋寒桜が見頃です』だって。拍子抜けしちゃった。その方は町会の役員をしているから、あんな口調になったのかもね」

 一瞬緊張したが、内容を聞いてほっとした時の心情が自分でもおかしくなったのだろう、ニヤニヤしながら告げた。

その桜は毎年見に行っているので、親切心で知らせてくれたのだった。

 Img_7434_new それにしても、もう見ごろ? 少し早いと感じたので昨年撮った写真の日付を確認したら、案の定210日でまだ三分咲だった。今年は125日で満開、半月ほど早いことになる。

 昨年「の秋には台風で葉を全部吹き飛ばされた松月桜が、小春日和の暖かい日を春が来たと勘違いして、八分ほどまで咲くなど、最近の天候は桜に思い違いをさせるほど不順だ。 

Img_7436 そんなことにはお構いなしのカミさん、気に入った写真でフォト葉書を作るよう私に要求「これが私のボケ防止策よ」と関東にいる三人の友人に近況報告をしたために取り掛かった。 

フォト葉書を作ることと、そんなカミさんをネタにしてブログをパソコンに打ち込むのが、小生のボケ防止策!? 結局は持ちつ持たれつの老夫婦ということになるのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑張るキンカン

Img_7392_2 昨年の台風24号でいためつけられ、枝ぶりも寂しくはなったが、少なくなった枝の先には例年よりも大きな実が、見事に色づいている。

「今年のキンカンはジューシーで美味しいわよ」

完熟にはまだ少し早いが、カミさんは大粒な実を捥いできて口をもぐもぐ。私も一つほおばった。

Img_7397_new_2 「あの台風で叩かれたというのに、こんなに大きな実をつけるなんて、大したもんだね」

「かなりな老木のはずだけど、アタシ達も負けていられないわね」

 83最と80歳になる老夫婦、口では頑張ると言いながらも、一仕事終えれば「あー疲れた」とすぐ手を休めてしまう。人生100歳時代などとけしかけられても、動けないものは動けない。

20年以上乗っている愛車も、だいぶガタが来ている。買い替えると言っても後何年運転できるかを考えると、もったいないという考えが先に立つ。

頑張っているキンカンを眺めながら、買い物に行くカミさんの運転手係として、気合を入れて車を出しに向かうのだった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »