« 初めての菊 | トップページ | 頑張るキンカン »

「病は気から」を実証?

 風邪をひき熱も出たので、薬を飲んで寝たら、その晩に汗をかき、翌朝には熱も下がって治っていたのです。これはよく効く薬だと確認しましたら、風邪薬だと思って飲んだのは何と胃薬でした。私以外にもこんな体験をしている方は多いと聞きます。

 

 ところで私にはもう一つ別な手があります。

 若いころの話ですが、風邪をひいたなと思ったら、生卵を一個、ミカンを一個、オロナミンCを一本飲んで寝れば、その晩汗をかいて翌朝には熱も下がり、風邪が治っているのです。

 

 そこで考えます。この二つの例は、ことによったら「病は気から」を実証しているのではないか……と。それでも当時は、体力のある若いころだったからと捉えていました。

 

ところが平成32年最後の冬、82歳で風邪をひきました。あすに診察を受けることにして、寝る前にダメもとで例の治療法の生卵、ミカン、オロナミンCを飲んで寝ました。何とその晩汗をかき、熱も下がったのです。

 

この歳になって若いころと同じ体力を保っているわけはありません。とすれば「思いこみ療法」が効いたことになり「病は気から」を裏付けているのではないか、と考えるのですが……。

|

« 初めての菊 | トップページ | 頑張るキンカン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「病は気から」を実証?:

« 初めての菊 | トップページ | 頑張るキンカン »