« 猫なで声の真実 | トップページ | ギンギアナム効果 »

香るオガタマ

 Img_6781 久々に晴れ上がった春の日の正午過ぎ、縁側から足を外に投げ出し、全身に日差しを浴びる。カーディガンを脱ぎ、背後に投げた。その風に乗ってオガタマの香りが、フワッと漂ってきた。

 

丸く刈り込まれたオガタマの木の中央から、一本だけスーツと伸びたImg_6782 幹に、オガタマの小さい花がて咲いている。例年だとポツン、ポツンと離れた位置から芳香を放っているのだが、今年は珍しいことに三つも四つも顔を揃えている。

 

通りかかった奥さんが「アラ、いい香り」と足を止め、周囲を見回Img_6783 す。一輪だけでも香りを届けてくれるのだから、今年は離れた位置にいても芳香に包まれる。

 

「お宅の庭はいつも花が咲いていて、傍を通るのを楽しみにしているのですよ」

「狭いうえにまとまりがなくて、お恥ずかしのですけどね」

「とんでもない、また寄らせて下さい」

見てくれる人がいると張り合いがあるというカミさん。

「こんな庭で宜しかったらいつでもどうぞ」と御満悦である。

|

« 猫なで声の真実 | トップページ | ギンギアナム効果 »

コメント

ご無沙汰です。
花の香は、心を癒しますね。春は沈丁花が関東では春を告げますが、暖かい地方は多種多様でしょう。3月31日 恒例の大学の同窓会が有りました。毎年訃報に心痛めますが、本年は、金子夫妻、可児百合子さん 尾高洋子さんが天国に行きました。 寂しい限りですが、その分残された人たちは日々を大切に過ごしたいものです。男 10名あまりよれば、薬と病気と孫の話位ですが、友好を深めるためにも同窓会を進めてゆきたいと思っています。

投稿: 尚さん | 2018年3月31日 (土) 21時07分

尚さんへ
 メールありがとうございます。
金子夫妻、可児百合子さん、尾高洋子さんのご冥福をお祈りいたします。
 
 いつもながらの素晴らしい写真をを見るたびに「凄いね」を夫婦して連発、尚さんの健脚ぶりに感服しています。
 
 皆さんにお会いした折には、よろしくお伝えください。
 
  
 

投稿: ヨッちゃん | 2018年4月 1日 (日) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香るオガタマ:

« 猫なで声の真実 | トップページ | ギンギアナム効果 »