« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

イークンの思いつき

  6歳になったアウトドア派の猫のイークン、最近の行動には何か奥がありそうな感じがしている。イークンは大分以前から、ガラス戸を自分で開けて出入りする術は心得ていたのだが、ここのところ帰って来たとき「開けてニャーン」と鳴き、出るときも声高に呼び付けるのだ。

 

 右手(右前足)を痛めているのかと思い、確かめてみたたが、そんな気配はない。

猫の6歳は人間に換算すると50歳らしいので、自分で開けるのが面倒になったのかな……。

 

あれこれ考えた末、あることに思い当った。それは「これでガラス戸を閉めたら、文句なしなんだけどね、イークン。開けっぱなしだとエアコン代が無駄になっちゃうでしょう」そんなことをカミさんは度々イークンに話しかけていたのだった。

 

 そこでイークンの頭の中をのぞいてみた。

 ――僕に閉めることは出来ない。でも開けっぱなしにしない手はある。まだ開け方を知らない頃は開けてもらっていたが、その時は開けてくれた者が閉めてくれていたではないか――

 

 この思いつきをカミさんに聞かせた。

 「アタシもおかしいとは思っていたのよ。そうか、そういう見方もできるわよね」

 「開けてもらった者に閉めさせれば、開けっぱなし防止になると思いついたのだとすれば、イークンはもう一歩先をいく天才だぜ」

 「その通りだわね、イークンが帰ってきたら早速聞いてみなくっちゃ」

 喜色満面のカミさんだった。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »