« サザンカの思い出 | トップページ | 耳が遠くなると… »

まるでお岩さん

 Img_5901 ベッドを出たとたん、猫のイークンが「お腹がすいたニャーン」と足元にすり寄ってきて、私の顔を見上げた。その目つきは「いつまで寝ているんだ」とにらみつけているようだった。

 「ハイ、ハイ、ただいま」

 イークン係の私は大急ぎで食事の用意に向かった。イークンの食事処はテレビの置いてある居間の隅のボール箱だ。いつもはいったん廊下に出て大回りして行くのだが、このときは座卓の横を通り抜けて直行した。

 

 それがいけなかった。座卓と襖の間に置いてあった座布団の隅に左足が乗り、するっと滑った。起きぬけで足元も定まっておらず、そのままバタッと左に倒れ込んだ。座布団の横は木製の裁縫箱の定位置、その角に左目の上を思いっきりぶつけたのだ。

 

相当強くぶつけたのでかなりの痛さだ。血でも出ているのではないかと、恐る恐る触ってみた。プクッと膨れ上がっていただけだった。鏡で見てみてみると、上瞼が腫れあがり目を塞いでいた。イークンはとみれば、平然と食事をしていた。

 

 「あら、痛そうね。まるでお岩さんみたい」

 カミさんは私の顔を見ても、若いころ病院に勤務していたこともあってか、それほど驚かない。それでも即病院に駆けつけた。医師の診断では「骨に異常はないので、そのうちに腫れも引けるだろう」ということだった。帰宅してから改めて鏡の顔を見た。目の周りが青く膨れ上がり、まさに怪談のお岩さんだ。その顔を眺めながらつくづくと思った。歳は取りたくないものだ……と。

|

« サザンカの思い出 | トップページ | 耳が遠くなると… »

コメント

ご無沙汰しております。
今年も2週間が過ぎました。
光陰矢の如し よく言ったものです。
新年早々 痛い目に・・ご愁傷様。
これは、歳ではなく 不注意でしょう(笑う)
若くても柔道の受け身が優れていても災難は避けられなかった事と推察?
お互いに電車の車掌のごとく、確認事項を連呼して過ごす事しかないようです(笑う)
我が家は、代名詞のオンパレード!
アレ コレ ソレが三大ヒットパレードです!
今年一年 奥方共々 幸多き日々で有ります様
ブログを楽しませて頂きます。

投稿: 尚さん | 2017年1月14日 (土) 08時36分

・尚さんへ
お立ち寄りいただき、ありがとうございました。

以前なら、左足を滑らせても、体重移動をして体勢を立て直すことができたことを思えば、やはり衰えは隠せません。

尚さんは自然を愛で、小鳥達の動きをとらえ、素晴らしい写真を披露、闊達に飛び回っている姿がうかがえ、羨ましい限りです。
 
老夫婦とデカ猫一匹、今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ヨッちゃん | 2017年1月14日 (土) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392865/69232943

この記事へのトラックバック一覧です: まるでお岩さん:

« サザンカの思い出 | トップページ | 耳が遠くなると… »